周利槃特

桔梗草
c0080796_21362311.jpg

1センチくらいの花ですが、桔梗によくにていますよね。

僕の作り話ですから、本気にしないでね。

お釈迦様の弟子にも周利槃特というあほうがいて、何をやらせても失敗ばかり。力仕事なら任せられるかもと、兄弟子が、「風呂に水を入れて、薪を割って、沸かしておけ。」と言いつけました。
たくさんのことを言われても覚えられない槃特は、風呂に水をはりましたが薪を割らずにくべたので薪は燃えずお風呂を沸かすことはできませんでした。
またあるときは、「今日はのっぺじるを作るから、ごぼうとサトイモと大根とにんじんを買って来い。」と頼まれたのですが、町に行くと何を買ってくるようにたのまれたのかすっかり忘れてしまっていました。

ネットの解釈
そして釈迦は周利槃特に一本の箒(ほうき)を与え、あらた改めてつぎの一句を教えました。
「塵を払い、垢を除かん」
それからというもの、周利槃特は多くのお坊さんのはきもののチリを払い、箒で各所を掃除しつつ、一心にこの旬の意味を考え、唱えました。
「塵を払い、垢を除かん」
やがて人々から“愚者の周利槃特”と言われる代わりに、“箒の周利槃特”とあだ名されるようになりました。
 こうして何か月かたち、何年かすぎ、何十年という歳月が流れました。周利槃特は自分の心の塵、心の垢をすっかり除くことができ、ついに阿羅漢(聖者の位)とまでなったのです。
 ある日、釈迦は、大衆を前にしてこう言いました。
「悟りを開くということはたくさん覚えることでは決してない。たとえわずかなことでも、徹底しさえすればそれでよいのである。見よ。周利槃特は箒で掃除することに徹底して、ついに悟りを開いたではないか」


僕の話
失敗するたびに怒られ、槃特はもう自分でも嫌になってしまい、修行をあきらめようと思っているとき、それを見ていたお釈迦様は、「槃特よ、どんな仕事が好きなのだ。」と聞きました。
槃特は、「掃除ならあまり考えなくてもできるし、きれいになると気持ちいいし、掃除が好きです。」と言いました。
それで、お釈迦様は、箒を渡し、じゃあお前を掃除担当にするから頑張るようにと言いました。

毎日一生懸命掃除に励んでも、毎日塵が積もり、草が生えてきます。

それでも毎日毎日草を抜き、毎日箒で掃き、毎日雑巾で拭いて掃除をします。

そのうちに塵が積もるように自分は掃き、草が生えるように草を抜き、息をしているのも掃除をしているのも同じ自分なのだなあと気づく槃特でした。


[PR]
by takaryuu_spring | 2010-05-26 21:23


<< 鏡 和顔 >>