<   2006年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

夢について考えたことがありますが?夢か現かそれぞれその中にいるとき判断がつかないようですよね。高校の時ニーチェの『神様の手』という本を図書館で借りて、ページをめくりました。クラスで文集が時々出されていて、僕は『神様の夢』という文を書いた覚えがあります。
人間の夢でさえ夢と現、そして夢の中では現在過去未来の区別もないのだから、神様の夢ならそれが実態としてあるのだろうというような主旨で書いたと思います。タコさんの『僕が好きなのだから、あの子は僕を好きにならなればならない』という内容の絵つきの文も面白く覚えています。
ところで、夢に色がついていますか?「勿論青く広がる海の夢なら青い色を見ているに決まってる」というかも知れませんが、モノクロの写真でも映画でもいい写真からは、深く青い海が頭に浮かびます。味も匂いも手触りも、つまり感覚に関することは現と夢とは少し違うようです。努力して色の夢を見ることができるようにはなりましたが、僕の場合は総天然色ではなく、部分的に感激した色だけ覚えられるようでした。音は実際の音が夢に入り込んでいる場合が多いようでした。
大きなインコがいて、それが突然噛み付いてあまりの痛さに飛び起きたら、痒いところを思い切り自分で抓っていました。掻こうとして命令が上手く伝わらずに抓っていたのです。
20歳頃のことです。人間5つくらいは夢を見ると聞いているのに、夢を見たような気がするのだけれど覚えていられない、なともしゃくに触って、夢を見る訓練をしていました。見たら直ぐ起きるように意識しまし、起きてその夢のポイントを書いておいて朝になって思い出そうとしたのです。枕元にノートを広げ、暗闇でも探せるように鉛筆を挟んでおき書くことにしました。しばらくすると、起きられるようになり、ノートに書くのですがどんなに真剣に書いてもぐにゃぐにゃの線ばかりでした。それより早く夢を覚えていられるようになり、書くという大変な方法はやめにしました。
毎日3本くらいは覚えていられるようになり、夢を見ながらこれは夢だとか、これは夢の中の夢だとか意識もできるようになります。でも寝ぼけていて夢か現か判断が難しくなることもありました。
デートの夢とか美味しいものを食べている夢が途中で終ったときは悔しいもので、続きを見られたらと思い、念じると続きを見られるようになりましたが、大抵で出しだけ続きで、ドラマは繋がっては行きません。あれから40年経っているのですが、あの頃の続きがしたくなっています。
[PR]
by takaryuu_spring | 2006-11-28 21:40

昨日又走ってしまった。なんだやっぱり夢じゃないんだ。思い切り走って何度もその感触を味わいました。夢に脈絡はありません。
突然画面が変わって救急車でA君が運ばれて来ました「誰があの授産施設を勧めたのだ、能力を考えたのか」。僕ですがむらがあるから注意してといったのですが」。「ラインの仕事にむらなど認められるはずないだろう」。「でも僕は・・・・」僕は何故かお寺の広い座敷にいました。
また画面は変わって、車椅子にN氏が乗っています。落としたものを拾おうとして車椅子から転落してしまいました。性のない体はただ脂肪の塊のようにつかみどころがなく車椅子にはなかなか戻せません。なんでこの体には骨が入っていないんだ・・・
それが夢でした。僕の希望もやっていることも心配も全部入っていて夢は面白いものです。
昔宮城音也著の岩波新書夢の話?を読んで、訓練して夢を毎日、そして何本か見られるようになりました。今は駄目ですがもう一回挑戦するのも面白いかもと思っています。
皆さん夢に色はついていますか?音は本当に感激的に響きますか?味はほんとうですか?夢の続きは見られますか?
思ったように満足の得られるものではありませんでしたが僕は一応その段階までは経験があります。もし頭が正常に働き体が動かなくなったら明恵上人のように夢の中で生きても面白いかもなどと思ったりして。
[PR]
by takaryuu_spring | 2006-11-28 00:10

国府宮と菊

c0080796_21595388.jpg

裸祭りで有名な国府宮の神社に行きました。参道の桜はほとんど葉を落とし、秋は今菊に集約されていました。12時になった時社の中から太鼓を打つ音が聞こえました。あわせるようにトタン葺の屋根に、どんぐりでしょうか、時々木の実が落ちてきて結構大きな音を響かせます。
c0080796_21592261.jpg

小さな花のほうがぼくは好きなのですが、大輪はやはり見事というしかないでしょう。
c0080796_21593723.jpg

線香花火のに細い花びらの伸びているものは可愛いと思いました。
[PR]
by takaryuu_spring | 2006-11-24 22:09

ドリームのIさんは柿信奉者、僕は美味い柿の見分け方を見つけようと調べていたのですが・・・・
柿の成分で特筆できるのは、何といってもビタミンC!
 酸っぱいイメージのビタミンCとはちょっと意外かもしれませんが、甘柿に含まれているビタミンCはレモンやイチゴに決して負けてはいないのです。
 ほかにも、ビタミンK、B1、B2、カロチン、タンニン(渋味の原因)、ミネラルなどを多く含んでいるため、「柿が赤くなれば、医者が青くなる」という言葉があるほど、柿の栄養価は高いのです。また、「二日酔いには柿」といわれている訳は、ビタミンCとタンニンが血液中のアルコール分を外へ排出してくれるからで、豊富なカリウムの利尿作用のおかげともいわれています。

おいしい柿の見分け方は蔕だそうです。蔕が実にちゃんとくっ付いている事が大事だそうで、後は重くて色のいいものでしょう。原産国は日本なのだそうで、そういえばジャムのない果物です。誰か柿のジャムを作ってみませんか?
また柿は材が硬く、囲炉裏や火鉢、木刀、ゴルフのヘッドに使われるそうです。

試供品を貰いました。サントリー角の水割りです。アルコール9%、昔なら水っぽいと思うのでしょうが、今の僕には市販の酎ハイより数段好ましく思えます。値段によってはビールより良いかも。
[PR]
by takaryuu_spring | 2006-11-23 21:40

宮沢賢治

わたくしといふ現象は仮定された有機交流電燈のひとつの青い照明です。ご存知宮沢賢治の言葉です。
存在を思うとき、時空的存在の他に有機的な存在があるのだと思います。有機的存在とは実態のない存在で、個人にとっては空間無視のときにあると同義の存在です。僕が脳梗塞を発症して足を地面に着けたとき感じたことは自分の感覚がなくなったではなく「地面に拒否された」でした。誰でも「それは君の感覚がなくなったからそう感じるのだよ」というでしょうが、自分から見ればどこを境にしろ拒否されているのです。
事故で指を失くしたとき、ちぎれた指を持って看護婦さんが「この指どうします?」と聞きました。僕は「僕は捨ていいけど、その指にも聞いて」と言ったら「へんな人」といわれ、医者からは「あっさりしてるね」といわれました。
どこからどこまでが僕なのだろうということは昔からよく考えます。体の一部を欠損した時まだ完全に僕でした。脳梗塞になって脳の一部を損傷してもまだ全部僕です。僕はどこまでなくなったとき僕ではなくなるのか、そのとき僕は僕を認識していられるのか、変な事を知りたい僕です。
[PR]
by takaryuu_spring | 2006-11-22 21:10

はじめにことばあり

c0080796_6362095.jpg
言語障害には構音障害と失語症があるのですが、話せないことでは同じようなのですが、まるで違う症状です。脳卒中で左脳を損傷すると失語症になる人も多くいます。構音障害ならキーボードがあれば言いたいことが伝えられるのですが、失語症の場合は音声は発する事ができるのに、理解し伝えたいと思っても、まるで外国人になったように言葉が見つからない状態です。
左マヒのぼくはよく、「あんたよかったね、右手は使えるし言葉も喋れて」といわれます。実際ありがたいことだと思っています。失語症が訳のわからない左脳損傷の高次脳機能障害であるように、右脳損傷では左空間無視という障害があります。これはすべての物の左側の存在を存在と認識しない障害で左マヒの人の4割くらいがなるそうなのですが、軽いと障害を感じないうちに回復しています。僕は左マヒで、でもそういう障害があるということを知るまで、僕にその障害があったことに気付けませんでした。まさに障害までも無視していました。
手紙の宛名を書くとき、封筒の真ん中に真直ぐ書くのですが、書き終わって見ると左に傾きます。どれだけ注意深く書いても、封筒の置く角度を変えてもそうなってしまうので、いつも定規で線を引いてから宛名を書いていました。そういう障害があると知って納得です。宛名は漢字の羅列で1字書いてその真下、真下に漢字を書いていきます。その真下というのは漢字の中央の下ということで、そこで字の左を無視してしまいどんどん右に書いていったということでした。障害をもって9年去年賀状を書いたときまで残っていたそんな症状もどうやらなおりました。
「はじめにことばあり」とは聖書の出だしのようですが。はじめにことばありの「ことば」とは何でしょう?失語症の人は認識できても表現できません。空間無視ではあっても存在と認めません。そんな事に関係なく物は存在している訳で、はじめにあった「ことば」とは「存在」ではないかと思います。つまり「最初からあった」アダムのリンゴを食べたときそれを意識し表現できるようになったということだと思います。
「ことば」が「存在」と同義であるなら、言葉はあってもなくてもいいものです。知的障害者がとても見事な色彩感覚で物を表現するのをみて、感心する人がいます。そしてどうしてああいう風に見えるのだろ、私には描けないとよくいいます。それは彼らより「ことば」を理解できないからに違いないのです。イメージできる事が人間であり、イメージに入ることを悟りというのだ思います。
[PR]
by takaryuu_spring | 2006-11-21 06:36

緑風祭

c0080796_20201075.jpg
僕が脳梗塞になり、生活訓練のために4年半入所して生活したのが緑風荘です。平和公園の入り口にあって、僕が入所していた時は狸が荘に出てきたり、桜の枝をコゲラが走ったり、コゲラとは小さな啄木鳥なのですが、鼠のように木の枝の上を走ります。年があけて、最初に訪れる鳥はエナガでした。寒い曇り空の中、桜の枝に花が咲いたように集団できて、又飛んでいきます。一山越えた原らっぱには雉もいて、低空飛行で飛ぶ姿はきれいでした。
c0080796_20202523.jpg

今日は緑風祭でした。平和公園の唐カエデの紅葉が見事です。平和公園は桜の名所ですが、秋の紅葉もすばらしく、歩道は緋の絨毯を敷いた様でした。
c0080796_20204098.jpg

鍋物や酢ガキなんかに料理屋では、瓶詰の紅葉おろしに大根おろしを混ぜて使いますが、家庭で紅葉おろしを使うなら、大根に菜箸で穴をあけ、タカの爪の種を出し菜箸に挿して、大根の穴にさしこんでからおろします。このほうが本物です。
[PR]
by takaryuu_spring | 2006-11-19 20:22

カキフライ

カキフライ
河岸の人の話では、スーパーなどに出回るカキの生食用と加熱用との違いは鮮度ではなく、洗浄の違いだそうです。「洗えば洗うほどきれいにはなりますが、香りも抜けて美味しさも減るから鮮度のよい加熱用のほうを選んだほうが美味しい」と言っていました。普通料理屋では大根おろしで殻の破片や汚れをとりだし、水で最後に流します。
バター焼きも美味しいですよね。これは大きくないと駄目です。カキフライもある程度粒が揃っている方がいいし、使い道を分けるなら生で食べるものを小さなものにするのが良いと思います。
水をペーパータオルでよく切って、塩コショウをします。小麦粉をまぶして卵を付けるのですが、卵は黄身だけ使います。黄身だけの方がパン粉がきれいに付き、ふんわり上がります。
店で食べるとタルタルソースにはピクルスなど入っていますが、ラッキョウや糠漬けを細かく刻んで入れても合います。
[PR]
by takaryuu_spring | 2006-11-19 01:11

カレー

今日は裸祭りで有名な国府宮に行きました。ここでは銀杏が黄色く紅葉?して後は落ちるだけでした。
c0080796_2345958.jpg
牛筋のカレー
筋をことこと1時間それでカレーを作ります。熟れたトマトもいいでしょう。二日目のカレーが美味しいといいますが、じゃが芋や人参など形の残る野菜は不味くなります。固形の野菜は作った時食べてしまい、残ったものは冷凍しておき、じゃが芋や人参をゆでてその中で冷凍したカレーを戻せばきっと満足できると思います。
先日言い忘れましたが、玉ねぎは犬猫には、毒だそうです。玉ねぎやパイナップル、リンゴなどにはたんぱく質分解酵素が入っていて肉食獣にはそれには無防備で、胃をやられるから食べさせてはいけないそうです。
c0080796_2345334.jpg

裸男の勇壮な雄叫びがこの参道を舞うのですが、今は桜の紅葉です。
[PR]
by takaryuu_spring | 2006-11-17 23:51

安い肉ほど美味しい

焼肉のたれ
安い肉でもいいのです。肉の美味しさはたんぱく質の味ではなく脂肪の味です。特に肉食ではない日本人の感覚ではそうではありませんか?
安い豚のもも肉で充分、そこに豚の脂より美味しいごま油で味を付け、たんぱく質分解酵素を含んだ玉ねぎで肉を柔らくすれば脂身の入ったロースやバラより健康で美味しくいただけます。
玉ねぎ1個をおろし金ですりおろします。にんにく1塊も全部をすりおろします。おろし金は、玉ねぎは荒い方を、にんにくは細かい目でおろしてください。
おろしたもの唐辛子の刻んだもの5本分をボールに入れて、ごま油1合、醤油3合、砂糖カップ半分を入れ混ぜて1升ビンに入れてよく振って混ぜます。肉を焼く時使っても良いですし、肉を漬けておいて使えばなお良いので、肉の安い時買っておいて漬けておくことをお奨めします。安く硬い肉ほど美味しくなる安上がり焼肉です。
[PR]
by takaryuu_spring | 2006-11-16 22:47